無機・分析化学

糀谷研究室  無機地球科学・結晶化学 

地球内部物質の高圧高温下での相転移を解明する

大平 格 助教

糀谷 浩 准教授

地球内部は圧力や温度が非常に高いことから、深部にある岩石を直接採取することがきわめて難しいです。そこで、地球深部の構造や化学組成を明らかにするために、地殻やマントルを構成していると考えられているケイ酸塩鉱物、酸化物およびそれらと同じ結晶構造を持った無機化合物について、高圧高温実験や熱力学計算を用いることにより高圧高温下での相転移や相関係の研究に取り組んでいます。

 研究室HPへ

 


稲熊研究室  無機固体化学 

構成元素、構造、化学結合、物性の関係を明らかにし、機能性無機化合物を創製する

植田 紘一郎 助教

chemi_inaguma

稲熊 宜之 教授

電子伝導性、イオン伝導性、磁性、誘電性、発光特性などの物性を示す酸化物をはじめ新規機能性無機化合物の探索・合成、構造解析、物性測定を行い、その構成元素、結晶構造、化学結合性および物性の相関を明らかにしようとしている。これらの研究によって無機材料開発における基礎を築くことを目指している。

 研究室HPへ

 


大野研究室  環境地球化学・分析化学 

地球と生命の歴史を最先端分析化学で読み解く

深海 雄介 助教

大野 剛 教授

我々の住む惑星がどのようにでき、生命がどのような環境で進化してきたのかを解き明かすため、最先端の分析化学を駆使し、研究に取り組んでいる。高精度無機質量分析計を用いて、試料に保存されている同位体比のわずかな変動を検出することにより、試料ができた年代や経てきた物理化学的過程・生物活動の有無を推定することができる。また最近では、この質量分析計を用いて福島原発事故に関連する環境放射能研究にも取り組んでいる。

 研究室HPへ  研究室紹介へ